blog

今だにどきどき

鑑定をする時

私は掌の中に入り込む気持ちになります。

手相は人生そのものですから

その方の人生と真っ正面から

向き合うことになります。

複雑に絡み合う「線」をほぐす様に見て行くと

人生が浮き上がって来るのです。

 

手相の師匠、西谷泰人先生と初めてお会いした時

先生は不肖この私の手相を見て

「私が鑑定してきた中で4本の指に入る程数奇な人生ですね~。その経験を糧に手相家を目指しなさい。」

と言って下さいました。

なぜ4本だったのか今でも不思議ですが😅

 

しかししかし❗️

私が鑑定させて頂く方々は

皆様それぞれ数奇で重々しい

価値のある人生を送っておいでです。

 

先日鑑定させて頂いた女性は

私よりとてもとても人生の幅をお持ちで

努力と経験とチャレンジ精神と

そして社会に功績も残していらっしゃる

その業界では偉大な方。

普通なら悠々自適に

おうちでのんびりお過ごしになっていてもおかしくない

私などまだまだ「駆け出し」と思ってしまうくらいのお姉さまでしたが

それでも私の鑑定に

真摯な面持ちで耳を傾けて下さいました。

困難な人生を乗り越え、

それでもなお学ぼうとする気持ち、

人の声を聞こうとする

素直な気持ちに

感服したひとときでした。

 

人様の人生に何度も向き合って来ましたが

それでも毎回

緊張感で大汗をかきます。

その方の生き方に敬意を表し

今後の発展と運気の向上を一心に願いながら

これからも天の声をお伝えして行きます。