血液型プチ講座

 

AB型同士の相性(AB=AB)
自分の欠点が相手の中に見えて、「この人だけは避けたい!」と思う相手かも・・・。ふたりが話しているのを聞いていると、ソフトな冗談をまぶした、しんらつなイヤミの応酬。まるで口ゲンカ友達ですね。まぁ、微妙な感覚をわかりあえるふたりですから、知的会話を楽しんでいるのかもしれませんけど。カップルの場合、ふたりでいっしょにできる趣味や目的があれば、うまくいきます。お互い、相手から直接愛情表現されるよりも、ワンクッション置いて、親兄弟や友達から伝えられる印象の方が、影響が強いようです。ケンカしたら、仲立ちしてもらいましょう。

 

O型との相性(AB=O)
あなたにとって、AB型のクールな表現力と知的なイメージは憧れですね?何か頼んだり、相談をしているうちに、AB型の有能さと親切さが身にしみて、ますます尊敬の念を深くします。ただ、カップルの場合、ペースを合わせるのが、ちと難しい。というのは、O型は、独占欲が強く、スキンシップが大好き。ところが、AB型はあっさりした友だちのような関係が好き。O型のペースで、強気にグングン押していくと、AB型は逃げ腰になってしまいます。あなたのほうがAB型のペースにあわせるのが、長続きのコツです。

 

A型との相性(AB=A)
ムリにあわせなくても、うまくいく相手です。A型にその気さえあれば、いっしょに行動し、楽しさをわかちあえる、ベストカップル。でも、A型がカラに閉じこもったら、相性のよさは半減です。多少気ノリしなくても、AB型の話を熱心に聞いてあげたり、自分の意見や気持ちをはっきり告げるようにすること。カップルの場合、あなたのほうからAB型に甘えてしまいましょう。AB型には、A型の神経のモロさ、弱さはお見通しです。肩ヒジはらずに甘えてしまつたほうが、本当の信頼関係ができるのです。

 

B型との相性(AB=B)
少しくらいあなたがハメをはずしても、理解してくれるのがAB型。仕事のこと、趣味のこと、アドバイスを求めるには最高の相手ですよ!AB型も、頼りにされていると思うと、あなたへの信頼を深めます。ふたりとも、けっこうサメたものの考え方をするので、ドロドロした情愛のもつれなどには無縁の、サラッとしたステキなカップルになれるでしょう。ただ、あなたが自由気ままにやりすぎてねあまり連絡しなかったり、ふたりとも忙しくて話し合い不足になると、破局に向かいます。

 

AB型の心をつかむ!

ポイント1
一番わかりにくく、つかみにくいのがAB型でしょう。冷静な判断力と、メルヘンチックな部分をあわせ持っていたり、活発なように見えて、実はあれこれ迷ったり、いつもはやさしいのに、急に怒鳴ったり。その場、その場でコロッと豹変するので、どういう人なのか、さっぱりわかりません。本人も、自分のわかりにくさに、ひそかに誇りを持ってたりします。「複雑な性格なんですね!」「やっぱり、ちょっと普通とは違う」と、他人との違いを強調してあげると、けっこう喜びます。理想が大きく、平凡を嫌うのです。

 

ポイント2
話し方に特徴があるのがAB型。会話好き。中でも知的話題が大好きなので、関心しながら聞いてあげましょう。

 

ポイント3
人あたりがソフトです。けれどもベターッとせまられると逃げ出したくなる。どこか、人間関係に一定の距離を置いています。本人もどのあたりに距離を置いていいか、よくわからないようです。あまりつっこみすぎず、様子をみながらつきあいましょう。